ブレインフードと食育



ブレインフードが生きる分野

ブレインフードの知識は以下のような食育分野での応用が期待されています。

  • 認知症予防の食事
  • 学力増進のための食事
  • 仕事のパフォーマンス向上のための食事
  • メンタルヘルスのための食事
  • 脳という臓器そのものの健康維持のための食事

認知症予防の食育

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。

「日ごろの食生活をどのように変えたら、認知症の予防になるのか」

を伝える食育が、これからますます重要になるでしょう。

 

<応用の例>

  • 家族や自分のため認知症予防の食事を作る
  • 高齢者、家族に高齢者がいる方を対象に食の講座を開く
  • 介護食のレシピを開発する

など


学力増進のための食育

何を食べるか、どのように食べるかにより、脳の働きが影響を受けることが科学的にも明らかになってきています。

学力をつけたい、頭をよくしたい…。

そのためには、ブレインフードを理解することが不可欠です。

 

<応用の例>

  • 受験生の母親、学生を対象に食の講座を開く
  • 学習塾に「ブレインフードおやつ」を提供する
  • 子ども向けの食育にブレインフードを取り入れる

など


仕事のパフォーマンス向上(生産性向上)のための食育

「頭が冴えている」

「集中できている」

「仕事へのモチベーションが高い」

そんな状態で仕事に取り組みたい人に、ブレインフードができることはたくさんあります。

 

<応用の例>

  • ビジネスマンを対象に、食の講座を開く
  • 社員食堂むけのレシピを開発する
  • 福利厚生として食育講座を取り入れる

など

 

→生産性向上のための食育について、もっと知りたい。


メンタルヘルスのための食育

気持ちが沈んでしまう、つい攻撃的になってしまう…。

そんな感情も脳のはたらきから。

気分を穏やかに保つ役割もブレインフードに期待されています。

 

<応用の例>

  • 「メンタルヘルス」をテーマにした食育講座を開く
  • カウンセラーさんに向けた食育講座を開く
  • 社員食堂むけのレシピを開発する
  • 癒しをテーマにした飲食店のレシピを開発する

など


脳という臓器そのものの健康維持ための食育

脳細胞を守る。

脳梗塞などの疾患を防ぐ。

ブレインフードは脳の味方です。

 

<応用の例>

  • シニア層を対象に、食の講座を開く
  • 介護食のレシピを開発する

など