食育用語


コンフォートフード

コンフォートフード(Comfort Food)

 

アメリカを中心に一般的になりつつある言葉です。

続きを読む

時間栄養学

「ベジタブル・ファースト」

という言葉があります。

 

これは、食事のとき

「まずは野菜から食べよう」

という標語のようなもの。

続きを読む

エアルーム

もともと

「エアルームトマト」

という言葉がありました。

 

「伝統的に栽培されている、不ぞろいなトマト」

のことを指す言葉です。

続きを読む

CSF

CSF とは

Community-supported Fishery

(地産地消で漁業を支援する仕組み)

の略です。

 

仕組みはおおよそ以下のとおりです。

  • 消費者が漁場の会員になり、年会費を払う。
  • 年会費により漁業者への報酬が賄われる。
  • 会員は漁場で取れた水産物を受け取る。
続きを読む

CSA

住宅街にほど近いところ、あるいは住宅街の真ん中に、農場がある。

 

農場の仕組みは以下のとおり。

  • 住宅街の住民が、農場の会員になる。
  • 会員は年会費を払う。
  • 年会費により農場経営が賄われる。
  • 会員は農場でできた農産物を受け取る。
  • プロ農家にとっては農場経営が安定する。
  • 地域の人々にとっては、目に見える形できわめて新鮮な農作物を手に入れることができる。

こうした仕組みを、CSA といいます。

続きを読む

フリーフロム食品

「フリーフロム食品」(free from food)

という言葉がどうやら欧米では業界の一般用語になっているらしいので、レポートしてみます。

続きを読む

食の谷

自治体や自治体に近いNPOなどが、

「食による地域活性化」

に取り組む際、たいがいは

「何か売れそうな食材を見出すなり作るなりして、それを全国にPRする」

というシンプルな方法を選びます。

 

しかし、もっと複雑な方法が選択される場合もあります。

たとえば

「フードバレー(食の谷)」

と呼ばれる方法があります。

続きを読む

PB

”食の商品開発”

つまり食品開発に興味のある方は多いと思います。

産地直売所とコラボして新感覚のジャムを作る

地元の特産物を使った総菜商品を考える

などですね。

 

食品企業や農業団体などからこうした商品開発の案件があなたにオファーされたときに、知っておくと損はない言葉が

「PB」

です。

続きを読む

食育ウォッシュ

英語に

「ホワイトウォッシュ(whitewash)」

という言い方があり、

「うわべを取りつくろう」

意味があります。

 

white(白)+ wash(洗う)

 

の造語です。

続きを読む

フード・ディバイド

2005年ごろ、アメリカで

「フード・ディバイド(Food Divide)」

という言葉をときどき目にしました。

 

オーガニック食品や野菜中心の食生活をする人が増えてきている一方で、ジャンクフードから離れられない人も大勢存在する。

そういう

「食生活によって人が分断される」

状況のことを、フード・ディバイドと呼んでいました。

続きを読む