歯と口のための食育

デンタルフード

監修:DHマネジメント協会

(歯科衛生士のスキル向上を支援する協会) 



デンタルフードとは

歯や歯茎が健康でなければ、食べものを十分に噛むことができず、健康な食生活の妨げになります。

第一、食事を楽しむことができません。

また、健康な食生活が維持できなければ、歯や歯茎が健康でいつづけるのも難しくなります。

 

では単に歯磨きをきちんとしていれば歯や歯茎の健康を守れるのかというと、必ずしもそうではなく、

  • 歯や歯茎について知る
  • 歯や歯茎の健康に役立つ食べものを選ぶ
  • 歯や歯茎の健康にマイナスになる食べものには注意を払う
  • よく噛む
  • 規則正しい食生活を送る

といった、「食」からのアプローチも必要だということが分かってきています。

 

つまり

「歯を磨くことや定期的に歯科検診を受けることに加え、じつは『食』もデンタルケアの一部である」

という考え方が大切になります。

この、「食もデンタルケアの一部である」という考え方を、「デンタルフード」と言います。

 

(参考)食育の知識のない人でむし歯のリスクが2倍に上昇 早期の食育が必要


講座は2段階となっています。

講座 概要 時間数
 デンタルフード基礎講座

歯と口の健康のために必要な食生活のありかたが分かり、

すぐに実践できることを目指します。 

半日(3.5時間)
デンタルフードマスター講座   1 Day(6時間)

各講座の詳細・受講申込はこちら。