誰のために食育を?

食育というと、ふつうは「子どもの食育」、たとえば

  • 子どもむけの料理教室
  • 子どもが参加する農業体験

を示すことが多いですね。

 

子どもといっても年齢幅は広いのですが、食育の多くは

  • 一定の言語能力が身についている年齢ではあるけれども
  • 自分のこづかいでハンバーガーを買う、コンビニでスナックを買うという年齢までには至っていない

通常、そういう年齢が主な対象となっています。

 

 

しかし、食育の対象は子どもだけではありません。


 

 ▽

 

「大人の食育」も存在します。

  • 食生活が乱れがちな一人暮らしの大学生
  • 昼食にラーメン、残業にハンバーガー、といったサラリーマン
  • 出産を機に子どもの食についてきちんと知りたいという母親

など、対象はさまざまに考えられます。

 

このように、対象を年代や性別に分け、それぞれに特化した方法で食育を実施することを

「デモグラフィック・アプローチ」

といいます。

 

 ▽

 

まあ、そんな専門用語はべつに覚えなくてもよいですが、要は、ひとくちに食育と言っても、対象はいろいろあるので、対象をしぼって食育活動を考えてみると、アイデアも出やすい、ということですね。

 

たとえば

  • 食生活が乱れがちな一人暮らしの大学生

に対しては、最近、大学の学食などが朝食を抜く学生を減らすために、

「100円の朝食」

を提供しているのがアイデアの例です。

 

  • 昼食にラーメン、残業にハンバーガー、といったサラリーマン

に対しては、

「健康に配慮した弁当をオフィスに配達する会社」

などが最近増えています。

 

  • 出産を機に子どもの食についてきちんと知りたいという母親

に対しては、たとえば「離乳食」に特化した食育講座などが開発されています。

 

 ▽

 

以上はあくまで例です。

対象をしぼって考えてみることで、ほかにもいろいろアイデアが湧いてくることでしょう。