野菜の処方箋

病院やクリニックで診察を受けたら、そこでもらえるのは、ふつうは

「薬の処方箋」

ですね。

患者はその処方箋を持って薬局に行き、薬を買います。

 

さて、このとき、「薬の処方箋」ではなく「野菜の処方箋」が出る、としたら、どうでしょうか。

「医食同源」「薬食同源」

という言葉もありますから、薬ではなく野菜の処方箋があっても不思議ではないように思います。

実際、

「野菜の処方箋を医師が出す」

という仕組みが存在しています。

 

指定された病院で診察を受け、処方箋をもらうのですが、その処方箋に

「野菜の名前」

が書かれています。

 たとえば

  • セロリ1束(遺伝子組み換えでない)
  • ニンジン2本(地産地消もの)
  • ビーツ2個(オーガニックのもの)

などと書いてあるのでしょう。

 

患者は「野菜の処方箋」を持って青果売場などに行き、処方箋に書かれている野菜を買う…。

そういうスタイルです。

 

 ▽

 

ニューヨークのとある病院で、貧困層を対象に2010年からこのシステムがスタートしています。

処方箋を出すドクターの費用と、野菜の代金は、税金で賄われています。

 

面白いのは、

「指定のマルシェがどこにあるか」

ということ。

じつは、病院の敷地で開かれるマルシェがあり、そこが「薬局」の役割を果たしています。

つまり「野菜の処方箋」をその「院内マルシェ」に持っていき、野菜に交換するというわけです。

 

 ▽

 

アメリカ西海岸のオレゴン州でも類似の試みが行われています。

 

こちらはマルシェではなく

「Zenger Farm」

というCSA(コミュニティ型農場)が、薬局の役割をしています。

 

つまり、

  1. 患者は病院に行く。
  2. 診察後、医師が処方箋を発行。
  3. 患者はそれを持ってZenger Farm に行き、処方箋に書かれた食材(野菜がメイン)を買う。

となります。

 

Zenger Farm は CSA ですので、年会費によってまかなわれていますが、この年会費を払っているのは近隣の病院の医師たちです。

 

 (参考)CSAとは

 

 ▽

 

1つ、残念な点を指摘をするとすれば、その処方箋にはレシピが書かれていません。

日本でだれかがこれと似たようなことをやってくれるとするならば、ぜひレシピをつけてほしいですね。