食の講座の適正価格

もし食の講座を開くとしたら、受講料をどうするか、が気になりますね。

 

食の講座に限らず、

  • イベントを開くときの参加費
  • 何かを販売するときの価格

など、最も頭を悩ませることの1つが

「金額をどうするか」

つまり、プライシングです。

 

講座の場合は

「適正な受講料はいくらか」

ということになります。

 

 ▽

 

この「プライシング」は奥の深い世界。 

安ければ売れるだろう、というものでもありません。

 

高くしたほうが売れるものだってある。

実際、安いときには売れなかったのに、値上げすると急に売れだした、という事例も数多くあります。

食の講座でも、それまで5万円だった受講料を12万円に値上げしたら、受講者が10倍になったという例を、実際に見ています。

 

むろん、だからといって高額なら良いというものではなく、高さにも限度があります。

適正な受講料というものがあるのです。

 

 ▽

 

講座の場合、中身が同じでも、「認識のされかた」により適正価格が変わります。

「認識のされかた」といっても分かりにくいと思いますが、要するに

  • 「習い事」のように見えるのか
  • 「カルチャー講座」のように見えるのか
  • 「資格講座」のように見えるのか
  • 「なにかの訓練校」のように見えるのか

という、見え方のことです。

 

どういう「認識」を作るか。

これが重要になります。

 

「習い事の1つ」

「カルチャー講座の1種」

だと認識されれば適正な受講料は低くなります。

 

「資格講座」「訓練校」

だと認識されれば、適正な受講料は高くなります。

 

このように「認識のされかた」によって適正受講料が変わる、ということを、ぜひ覚えておいてください。