3Dプリンタの食育的活用法

今後の技術革新が期待される3Dプリンタですが、

  • 食材の残さを原料に、3Dプリンタでグッズを作る

という展開も考えられます。

 

 ▽

 

この例として、

「AgriDust(アグリダスト)」

というアイデアがあります。

  • コーヒー豆の殻
  • ピーナッツの殻
  • ミカンの皮
  • レモンの皮
  • トマトの皮

などをすりつぶし、3Dプリンタに放り込み、植木鉢を作ったり、何かの容器を作ったりします。

 

この方法でゴミの量を減らし、地球に優しい生活をしようというアイデアです。