CSAの差別化

まず、CSA とは何かという話については、こちらをお読みください。

 

CSA は現在、北米に大小含めて10,000か所以上、存在しています。

そんなにたくさんあると、今度は

「何らかの特徴のあるスタイルに変身し、他の CSA との差別化をはかりたい」

と考える CSA が出てきます。

 

 ▽

 

そんな差別化の努力の1つとして、果物や野菜ではなくハーブの栽培に特化し、ヘルスケアの雰囲気を出す CSA が発案されました。

「Herbal CSA」

と呼ばれるものです。

  • 会員(CSA 周辺の住民が中心)は年会費を払います。
  • 農場では「メディカルハーブ」がオーガニック栽培されています。
  • 会員はオーガニックのメディカルハーブを定期的にもらえます。
  • ハーブの種類や量を選べるので、ハーブに詳しい会員は思い思いの組合せでハーブを受け取ります。
  • そうでない会員には、CSA 側が「お任せセット」を送ります。
  • 農場ではハーブ栽培に加え、健康サロンが併設されることもあります。

 

 ▽

 

Herbal CSA の事例としては、以下のようなものがあります。

  • Morgan Botanicals (コロラド州)
  • Soothing Herbals (バージニア州)
  • Wild Wind Herbal CSA (ニューヨーク)
  • Avena Botanicals (メイン州)

 

 ▽

 

まだ Herbal CSA の数は少ないですが、これも増えてくると、そのうちまた何か新しいスタイルの CSA が誕生するのでしょう。