レシピ・レシート

質問をいただきましたので、この場を借りてお答えします。

 

 

<質問>

 

質問その(1)

 

海外の情報で聞いた話です。

食品の買い出しにスーパーに行ったら、レジでもらうレシートに、

「買った食品を組み合わせたレシピ」

が印刷されて出てくる…。

つまりその日すぐに使えるレシピがレシートに印刷されている…。

そんなスーパーが海外にあるそうですけど?

ご存じですか?

ご存じでしたら、詳しいことを教えてもらえませんか?

 

質問その(2)

 

買った食品を組み合わせたレシピがレシートに印刷されている、というのはとっても面白い企画だと思うのですけど、どうなのでしょう?

日本でもやったらよいのでは?

近所のスーパーに提案したいのですけど、どんなふうに企画書を作ればよいのか、分かりません。

 

 ▽

 

<回答>

 

★質問その(1)への回答

 

そのサービスは、おそらく

Hellmann's Recipe Receipt (ヘルマンズ・レシピ・レシート)

と呼ばれるものだと思われます。

マヨネーズのメーカーであるヘルマン社が、いくつかのスーパーマーケットと提携して行っているプロモーション企画です。

買物をした食材をそのまま使ったマヨネーズ料理のレシピが、レシートに印刷されて出てきます。

この企画を実施したスーパーマーケットでは、マヨネーズの売上が平均4割以上アップしたそうです。

 

★質問その(2)への回答

 

おっしゃるとおり、日本でも喜ばれるサービスだと僕も思います。

お客さんも喜びますし、スーパーマーケット側も喜ぶでしょう。

 

問題は、あなたがこの企画をスーパーマーケットに提案した場合、

「企画は採用されても、提案したあなた自身には何の役割も与えられず(=報酬もなく)事が進んでしまう」

そんな可能性が高いということです。

なぜなら、この企画はスーパー側からみると、あなたがいなくても実行できることだからです。

 

あなたが「それでもよい」のであれば、結構です。

しかし、

「自分も何らかの役割を得て、多少は仕事として活動したい」

とあなたが望むのであれば、提案のしかたも工夫が必要ですね。

 

たとえば、ターゲットとなるスーパーマーケットの食品の品揃えを調べ、あらかじめ大量のレシピを作っておくというのはどうでしょうか。

そのうえで、提案するのです。

 

この企画には大量のレシピが必要です。

スーパー側はあなたに頼まなくてもレシピを作ることはできるでしょうが、あなたが先んじてレシピを用意しているのであれば、それを買うことで、彼らは時間と人件費をセーブすることができます。

彼らがあなたにレシピ作成を依頼してくるのを待つのではなく、

「あなたのほうで全部あらかじめ作ってしまう=先手を打つ」

というところが、このアプローチのポイントになります。

 

 

(参考記事)

食育の人はこういうレシピを作れるようになろう