「脳の健康」気になりますか?

全米退職者協会が2014年に行った調査によると、健康なライフスタイルに「もっとも重要」と考えられる要素は

  • 1位:心臓の健康(51%)
  • 2位:脳の健康(37%)
  • 3位:胃腸の健康(6%)
  • 4位:骨と関節の健康(5%)
  • 5位:肌の健康(1%)

となっています。

 

2位の「脳の健康」に対する関心は、30代・40代の41%が「もっとも重要」と考えているのに対し、50代以上は34%しか「もっとも重要」とは考えていませんでした。(平均で37%)

 

その理由は、30代・40代は「自分の脳は今がピークで、これから落ちていく。だから気をつけないといけない」という気持ちが強いからだ、と推定されています。

 

【出典】

2014 Brain Health Research Study

全米退職者協会