「重要な交渉はランチをしながら」がよい理由

食事をしながら契約交渉をすると、そうでない場合よりも10%以上、高い契約金額になる。

 

という実験結果が報告されました。

 

「食事をともにすると親しくなるから、契約金額も高くなるのでは?」

と思いがちですが、それは契約金額にはあまり関係がなかったようです。

 

むしろ、

「食事により、血糖値がほどよく上昇して脳が活性化したことで、お互いが広い視野で契約を考えることができるようになったから」

というのが理由だとのことです。

 

【出典】

Should You Eat While You Negotiate?

ハーバード・ビジネス・レビュー