腸は第2の脳

脳は体の司令塔。

 

脳が体の各所に命令を送っているのであり、体(たとえば心臓)のほうから脳に命令が行くことはない、と考えるのが普通です。

 

ところが腸と脳は神経系、ホルモン系、免疫系でそれぞれ双方向の情報交換をしており、場合によっては腸が脳に「逆指令」のようなものを出すことがあるそうです。

 

また、神経伝達物質の1つセロトニン(気分を安定させる物質の1つ)の9割が腸で合成されるため、腸は第2の脳と言われます。

 

 ▽ ▽ ▽

 

食物不耐性、という症状があります。

アレルギーとは別の現象ですが、人には自分に合う食べものと「なんとなく合わない食べもの」があり、この「なんとなく合わない」食べものを食べると、しばらくして腹痛になったり、吐き気を催したり、疲労感を覚えたりします。

人によって牛乳を飲むと下痢になる、というのも食物不耐性の一種とされています。

 

食物不耐性は本人も深刻に考えることがありません。

「牛乳→下痢」のようなケースでは「ああ、さっき飲んだ牛乳のせいだ」と本人も思いあたるでしょうが、とくに反省もせずに終わるのが通常です。

症状によっては食べものに原因があることさえ気づかれることなく、そのままになることがあります。

 

 ▽ ▽ ▽

 

そういう種類の食物不耐性の1つに、「食後、しばらくして集中力が落ちる」というものがあります。

体に合わないものを食べたため、腸が炎症を起こし、腸から脳に「逆指令」が出て、脳の働きが鈍くなるのだそうです。

 

では何を食べるとそうなるのか、という話ですが、残念ながらこれは人によって違うそうです。

専用の検査を受けて発見する、という方法もありますが、食事をした後しばらくのあいだ自分の体調を観察し、原因を推測するのがもっとも現実的だと思われます。

 

【出典】

Your food influences your mood: The second brain residing in our stomachs

インディペンデント紙