イタリアの食科学大学

イタリアには、「食科学」(ガストロノミック・サイエンス)を専門とする、世界で初めての大学があります。

 

イタリア語で

Università degli Studi di Scienze Gastronomiche

 

英語で

The University of Gastronomic Sciences(略して UNISG)

 

日本語でいうと、「食科学大学」ということになるかと思われます。

 

 ▽

 

ピエモンテ州とエミリアロマーニャ州にキャンパスがあり、世界中から、食や食文化やグルメに関心の高い人が、この大学に集まっています。
設立にはスローフード協会が関わっているため、
「スローフード大学」
とも呼ばれているようです。

学ぶ内容は「食科学」(ガストロノミック・サイエンス)であり、とくに「ワインと食文化」が中心となるようです。
「ワインと食文化」を中心として、料理、栄養学、農業、歴史、正しい食べかた、食品工学…など、いろいろ学びます

日本の食文化について学ぶ、という科目もあるようです。

 

 ▽

 

これでお分かりのように、食科学大学は料理学校でもなければ栄養学校でもありません。
「ワインと食文化」を軸に、食について広く見識を高める学校である、ということになるかと思います。
いずれにせよ、これまでの食の学校のカテゴリーには入らない、新しい形の学校というわけです。

したがって、食科学大学が目指すのは、
「これまでのカテゴリーにない新しい形での、食についての専門家の育成」
ということになるでしょう。

  • 食の生産分野や流通分野も見ることができ、
  • 地域の伝統農産物や伝統食品を理解し、
  • マーケティングの発想を持ち、
  • 正しい食文化を子供から大人まで広く一般的に広めることのできる

そういう人材の育成ということでしょう。

食科学大学 ウェブサイト

(イタリア語)
http://www.unisg.it/

(英語)
http://www.unisg.it/en