何をどれだけ食べたらいいのか、分かりやすい図で示す

「健康維持のためには何をどれだけ食べたらいいのか、 分かりやすく図で伝えてほしい」

 という社会からの要請に対し、2011年にアメリカのUSDA(農務省)が発表したのが

 「マイプレート(My Plate)」

 と呼ばれるものです。

こんな図です。

 

果物、野菜、穀物、魚や肉、乳製品をバランスよくとりなさい、というのが分かる図です。

 

 ▽

 

以前(2005年~2011年)は

「マイピラミッド(My Pyramid)」

という図を採用していました。

こんな図です。

 

少々、分かりにくい図だと思いませんか?

これに比べると、マイプレート(My Plate)のほうは、ずいぶんとシンプルに見やすくなっていますね。

実際、マイピラミッド(My Pyramid)は発表された直後から「分かりにくい」ということで不評でした。

 

 ▽

 

さらにその昔(1992年~2005年)は、

「フードガイドピラミッド(Food Guide Pyramid)」

という図が公式に食育政策の目安として使われていました。

 

  ▽

 

「マイピラミッド(My Pyramid)に比べると、かなり分かりやすくなった」

と評判のマイプレート(My Plate)。

 

しかし今度は、

「マイプレート(My Plate)は逆にシンプル過ぎる」

という批判が持ち上がりました。

批判をしたのは、ハーバード大学です。

 

たとえば「マイプレート(My Plate)」にはオリーブオイルなどのヘルシーオイルについては何も記されていないし、水分の補給についても何も言及していません。

そこでハーバード大学は

「マイプレート(My Plate)」

を独自に改良し、

「ヘルシー食事プレート(Healthy Eating Plate)」

を発表しました。

それがこれです。

 

 ▽

 

ちなみに、日本では

「食事バランスガイド」

という、コマを模した図が用いられています。

 

ご存じのかたは多いと思います。

2005年に厚生労働省と農林水産省が共同で策定したものです。

 

 ▽

 

また、1993年にOLDWAYS というNPO(※)、ハーバード大学、および WHO(世界保健機関)の3者が共同で策定した

「地中海食ピラミッド(Mediterranean Diet Pyramid)」

というものもあります。

 

(※)OLDWAYS は同じくハーバード大学と共同で、

「南アメリカ食ピラミッド」

も開発しています。