食文化見直し型・地域活性化型の食育活動

a) 地域の伝統食材にスポットを当て、大消費地に向けてPRする

b) 地域の食文化にスポットを当て、観光資源にする

 

「食文化見直し型・地域活性化型の食育活動」

には、a, b のどちらか、または両方を目指すものが多いようです。

 

 ▽

 

プレイヤーとしては、

  • 自治体
  • 地場産業の企業
  • そうした企業が集まった協同組合
  • 食文化をテーマに活動する NPO

などがあります。

 

この活動を進める上では、a であれ b であれ、都会(=大消費地)の人々に情報発信をすることが欠かせません。

たとえば都会でイベントを開いたり、アンテナショップに出品したりして、地方の伝統食材や食文化の存在をアピールするわけです。

 

 ▽

 

しかし多くの場合、プレイヤー側(地元側)はマーケティングに不慣れな人たちが集まって、イベントの企画やアンテナショップに出品するための商品開発を自己流で行っていましたので、実際には苦労していたようです。

 

今ではプレイヤー側もそのことを学習しているので、自己流でマーケティングはせず、マーケティングをサポートしてくれる人材を都会(大消費地側)に求めるようになりました。

 

かつては、この

「マーケティングをサポートしてくれる人材」

は、人脈をたどって見つけるしかありませんでした。

 

現在は、こうした人材を見つけやすくする仕組み、つまり

「地域ブランド」

「6次産業」

「食農連携」

といった分野での、人材バンクがいくつかできています。

 

自治体によっては、人材バンクを活用せずに、オリジナルの人材バンクを作って独自にサポーターを集めているケースもあります。

 

 ▽ ▽ ▽

 

この分野(食文化見直し型・地域活性化型の食育活動)は、マーケティングのセンスさえあれば、さほど専門知識も必要とせず、アイデア次第でいろいろなことができます。

 

そのため、食育に携わる人たちには人気のある分野です。

 

つまり、

「マーケティングをサポートする人材」

になりたがっている人が多い。

 

「ライバル」が多い分野だということです。

 

こうした人たちに向けての「教材」も作られています。

 

こうした中で、ライバルに差をつけるとしたらどういう方法があるでしょうか?

 

 ▽ ▽ ▽

 

差をつけるにはいろいろな方法があるでしょうけれど、ここでのおすすめは2つです。

 

(1)海外にむけたマーケティングを勉強する

 

「和食」すなわち「日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、地域の食材を海外にPRする、という動きも昨今は活発化していますね。

 

したがい、海外で食に関わる人とのネットワークを作り、それを武器に地域のマーケティングをサポートできるようになれば、

ライバルから頭1つ抜けた状態になることでしょう。

 

(2)資金を獲得する方法を勉強する

 

地元食材・食文化のPRにはお金もかかります。

 

そのお金を、たとえば

  • 企画を大企業などにプレゼンして協賛金を獲得する
  • 国や財団などの助成金・補助金に応募して審査をパスする

といった方法で引っ張ってくるわけです。

 

これもできる人は少ないので、差をつけるには有効だと思われます。