健康増進型・栄養学型の食育活動

「何を食べたら健康でいられるのか」

「健康な食生活を継続するにはどんな工夫をしたらよいのか」

 

さらには

 

「きれいでいるためにはどんな食生活がいいのか」

「スポーツに役立つ食生活とはどんなものか」

 

このような疑問に答えていくことを軸とした活動が

「健康増進型・栄養学型の食育活動」

になります。

 

 ▽

 

このタイプの活動には4つのパターンがあります。

 

(1)あなた自身が食生活の専門家となり、個人のお客さんに食生活のアドバイスをする

(あなた→最終顧客)

 

活動例:

食事のカウンセリング

 

(2)あなた自身が食生活の専門家となり、企業のサポートをする

(あなた→企業→最終顧客)

 

活動例:

企業が出している会員情報誌に食と健康の記事を連載する

 

(3)個人向けに食のアドバイスをしている食生活の専門家を、あなたがサポートする

(専門家→あなた→最終顧客)

 

活動例:

独立してカウンセリングをしている管理栄養士と契約し、集客獲得のためのマーケティングを行う

 

(4)食生活の専門家と企業をつなぐ役割を、あなたが果たす

(専門家→あなた→企業→最終顧客)

 

活動例:

企業が出している会員情報誌の企画編集をあなたが請け負い、その一環として専門家に記事を書いてもらう

 

以上、4つです。

 

あなた自身が栄養学やその他の食事理論の素養をすでに蓄積しており、専門家になっているのであれば、(1)や(2)のパターンをお勧めします。

 

しかし、そうでない場合は、栄養学などの勉強にこれから時間を費やすよりも、すでに専門家になっている人とコラボすること、すなわち(3)や(4)をお勧めします。

 

どうやって上手にコラボするか、どうやって企業と交渉するか、を考えるために貴重な時間を使うようにしましょう。